読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の○○・ポンコツランナーブログ2ndシーズン

マラソン練習とレース、その他覚書

第30回青島太平洋マラソン参戦記その3

  スタートしてしばらく走ってからペースを確認すると5′10″/kmぐらい。

このまま少しずつ5分のペースにもっていきたいが、なかなかペースは上がらない。

  最初の5kmで5分ペースは厳しそうだと感じる。上げようと思えば上げられたが、おそらく30km辺りで終わりそうだ。

今日は完走、歩かない事が最優先。

体感で行く。

 

10kmまでは給水せず、テンポを意識して進む。

10km付近の給水所でゼリーと給水。

その後は5km毎に給水、10km毎にゼリー補給。

周りにはランナーと沿道の応援がいっぱいだ。

 

曲って県庁までの道で、部活のメンバーとすれ違い、声をかけあう。

部活アスリート組とはすれ違わないから、かなり前に行っているようだ。

 

神宮の折り返しまでのすれ違いでアスリート組と会う。いいペースで走っているなぁ〜。

 

ハーフの時点で時計は1°50′、ありゃ最近のハーフのレースペースだ💧

まぁ、遅いけどこのままのペースで行こう。

 

ここから登りの直線。脚に疲れが出てきた。

25kmあたりでつり防止の芍薬甘草湯をのむ。

 

30km付近でCコーチの激励「ここから切り替えて行こう」と声がかかる。

本当にありがたい。

 

その先でK_O君が写真を撮ってくれた。

f:id:darkhorse147:20161213104517j:image

そして一言「キャプテン、何やってるんですか!」

 

私「ジョギング‼︎」

声掛けしてくれてありがとう(^^)

 

実際、呼吸は全くキツくない。ペースはゆっくり。去年、一昨年とは大違いだ。

しかし、今年2月の延岡マラソンはオーバーペースでリタイアしているし、今年は納得出来る練習は皆無だった。

去年と一昨年はかなり走り込んでいたので、ある程度の手ごたえがあったが今期は全くない。

だから、まず42.195kmを完走したい。

そんなことを言うと「完走ぐらいはできるでしょ」と言われるが、今夏までは走りたい気持ちすらわからない状況だった。

来期はゼロからのやり直しだが、その為に最後まで走りたいのだ。

 

この先は運動公園に入ってトロピカルロードへ向かう12km弱。

 

残り10kmぐらいで部活の先輩KDさんが声掛けしてくれた。

「4時間切れるよ」

そっかぁ、サブ4か。頑張ろう。

 

「はい」と返事を返して淡々と走る。

 

かなり脚に疲れが出てきたし、攣ってはいけないと「CLAMPSTOP」なるスプレー剤を口から入れる。効果の程は・・・

 

トロピカルロードの折り返し前に日向夏ゼリーがあるが、見落として通り過ぎてしまう。

痛恨のミス。

 

気を取り直してゴールを目指す。

残り3〜4km?で部活メンバーのHrnさんに抜かれる。

追いかけようかと思ったが、下手にペースを上げると攣りそうだ。やめた。淡々と行こう。

 

残り2kmで、近くを走る女性ランナーが「私、アオタイ22回目だから気持ち良くゴールしたい」とかなんとか言いながら先に行ってしまった。

 

よし!私も気持ち良く行こう!

ゴールが近づいてきて先にゴールしている部活のメンバーから声がかかる。

f:id:darkhorse147:20161213112521j:image

 

 

そしてゴール。

 

3°52′25″

f:id:darkhorse147:20161213113459j:image

 

歩かなかった。

リタイアしなかった。

フルマラソンは甘くない。

けど楽しい(^^)

 

良かった。

タイムはひどいが完走できた。

 

今はこれでいい。

 

次の北九州マラソンも楽しもう。

 

そして春から仕切り直して、また頑張ろう。

 

お疲れ様でした。