大人の○○・ポンコツランナーブログ2ndシーズン

マラソン練習とレース、その他覚書

マラソン教室・インターバル

今日のメニューはインターバル。

300m(レスト100m)

Aグループ60秒×10

Bグループ66秒×10

Cグループ70秒×7

 

全体的にペースが速い。

ん〜、Aは無理。

Bはなんとか行けるか?でも10本は厳しそう。

途中でペースを落として10本かな。

 

 BにいるとTKUCさんから「あなたはこのペース、無理やろ」と言われ、「途中でこのペースはやめる(ペース変える)」と伝えると「やめるんか、俺はついていけなくなったらペースを落とす」みたいな事を言われる。

 

 上手く伝わらなかった。

途中でドロップすると伝わったようだ。

どうもTKUCさんは私がヤル気がないと思っているようだ。

 確かに最後まで設定ペースで行けないのに、途中からペースだだ落ち、レストもダラダラでは良くないと考え直し、Cグループに参加することにした。

 

 CグループはMTURコーチがペースメイカー。

1本目、前に出てMTURコーチの横で走る。

67秒、そんなに速いペースとは感じなかったがこのままでは最後までは厳しく、他の人には速いのでもう少し落とすことになる。

2本目は74秒、3本目73秒、4本目72秒、5本目75秒、6本目72秒、7本目70秒。レストは概ね60秒。

 ここでメニューは終了するが、schさんがあと3本行くらしいので、頼まれもしないのに引っ張ることにした。

自分的にまだ余裕があるし、10本は行きたいと思っていたので丁度良かった。

 

8本目72秒ぐらい(計測忘れ)、9本目70秒、10本目67秒。

途中のレストで「休み過ぎない!」とschさんに言うと「他人に厳しい」と言われ、「そうです、私は他人に厳しく、自分に甘い!」と答える♪(´ε` )

確かに今回のペースは甘かったなぁ。

自分には70〜68秒ぐらいで10本が適切なペースだった模様。

 

現状、練習のペース設定が難しい。

絶好調の時ならBグループに躊躇なく参加したが、今はまだ自信がない。

決して楽をしたくてCグループに行ったわけではないのだが、結果的にインターバル練習としては甘かった。

 次回はどうしよう・・・

 

 

 今週日曜日、チームの練習は大分〜湯布院のマラニックだそうだ。

連休中に急遽決まってしまい、自分は審判講習会の為参加できない。

大変残念。

また、5月後半から6月1週までは毎週日曜日に仕事や用事があり、なかなか練習会に参加出来ない。

自主練習でジョグをして繋いでいくしかない。ペースは上げずに距離を踏んで、夏から秋までにしっかり走り込んでおきたい。